liveuse (liveuse) wrote,

緊急更新、最終回直前の「あまちゃん」



 「う~ん。何かわからないな~。」

 「川瀬さんは?」と、透は冷静に言った。アルマーニ 時計

 「俺は、刑事から事情聴取受けて、特にその事件知らねぇからなんでだろうと思って。もしかしたら、名前は覚えてなくて顔は見たことあったら、何かしらの関係があるかもと思って。」

 「で、結果はどうなったわけ~?」と、一博が川瀬に顔を近づけて言った。

 「いいや、あんたとは会ったことも、見たことすらねぇよ。」と、少しぶっきらぼうに言った。

 「用事あっから、俺さき帰るわ!じゃあね!朱音ちゃん、詩織ちゃん、川ちゃん、透君!」と、とても早口で一博は話した。

 バタン! 勢いよく、ドアが閉まった。

 バタ、バタ、バタ

 一博の足音が、廊下中に響き渡った。

 「あんなに急いで何処いってんすか?」と、川瀬が不思議そうに透に尋ねた。

 「さぁ?弟でも、知らないとこ?まぁ、記憶があればわかるんだろうけど。」と、突き放したように透が返した。

 「あ、すまん。気になったもんだからつい。」と、申し訳なさそうに川瀬は言った。

 「いいですよ。俺も思ってますし。」と、優しく返した。

 「たぶん、わからないと思います。記憶が戻っても」と、自信ありげに朱音が言った。

 「なんで、わかんの?朱音、お兄さんとそういう仲なの?」と、おもしろ半分で詩織が言った。

 「いいえ!長い間の付き合いでわかります!自分のことは、あまり話さないタイプなんです!一博さんは!」と、少し怒った様子で朱音は言い放った。

 (確かに話をしているときは、ほとんど俺のことだったような)時計 ブランド 人気

 「彼女との約束とか?」と、朱音の言葉をさえぎるように川瀬が言った。

 「なるほど」納得した様子で詩織が言った。

 「軽い感じだよなたぶん彼女」と、腕を組みながら透が言った。

 「皆さん!あんまり一博さんのことを悪く言うと、本気で怒りますよ!だいたい、透さんも、透さんです!弟なのにそんなこと言ってちゃダメですよ!一博さんの気持ちもわかって言ってるんですか?」と、朱音が大声で訴えた。

 「ごめんなさい。」

 「ごめん。」

 「すみません。」

 皆、それぞれあやまった。

 「さあ、話を戻しましょう!」と、明るく朱音が言った。

 「え~と。容疑者が」と、詩織が話そうとした

 |その時!《》 

 カチャ

 「失礼します。経過報告をしに来たのですが、タイミングが悪かった

http://www.watchsinsurance.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments