liveuse (liveuse) wrote,
liveuse
liveuse

女性にオススメ!憧れの事務系求人

手当も原料費に入ってしまい、原材料を揃えるだけで既にクズノハ商会で売られている薬の完成品が数十個手に入る値段になってしまいます。神殿で作って各地で売り出すのならば値段は百倍にでもしなければ利益は出ません。もし今後彼らが地方に店舗を広げた場合、神殿への信用に悪影響を与える恐れさえあるかもしれません」

「百倍、だと? 馬鹿な、実際にクズノハ商会ではその値で売られているのだろう?」

「彼らは全ての材料を自分達で採取調達していて市場を通さずに入手しています。流通には自信があると申しておりましたし、信じられない事ですが、商品として扱っている以上、あの値で利益を出しているのでしょう」

「ありえない……」http://www.watchsvinjury.com

 シナイが会話に割って入る。それでは他の高価な薬と対して変わらない。いくら効果があろうと、驚く者がいない値段になってしまう。

「やっぱりね。つまりライドウは無垢な子供を装ったナニカ、と見て間違い無いわ。気軽に利用している内に喉元には冷たい輝きが、なんて事になるかもしれない。今日は同席して良かったわね」

「司教様……」

「シナイも目のつけ所は悪くなかったと思うわ。でも、しばらく干渉は止めておきなさい。それと、他の派閥に情報を流すのもね。接し方によっては今後私達の切り札の一枚になる可能性もあるわ。亜人ばかりを雇用する変わり者のヒューマン、か。皆にそれとなく伝えておきなさい。クズノハ商会の名前を聞いたら、少しだけ耳を傾けなさいってね。当面、少なくとも他の司教やリミアの連中がこの街を離れるまでは私達の彼らへの関心を悟られないようお願いね。それから値段は取り合えず考えなくて良いから傷薬については百程作って見て頂戴。何もここで無理に彼らに張り合って売らなくても、利用価値はありそうな品だしね。同志がいる別の街でなら。戦争の前線なら。場所を変えるだけで扱い様は幾らでも見出せそう」

『はい』

 準司祭を含めた全ての者が女司教の言葉に神妙な顔で頷いた。


 そっと、耳を澄ます。セイコー 腕時計 女性

 聞こえてくるあまり控えめではない声量の会話。この時間、お客さんは多くない。有難い事に殆どの商品が売り切れるからだ。少し離れた裏通りの娼館に勤める遅番のお姉さんが、栄養ドリンクを買い出しに顔を出す程度か。最早常連になった彼女達の代表に取り置いた十数本のドリンクを渡すのは定番の光景でもある。武器の修繕も最近は受ける事があるけど受け取りは明るい時間に来られる事が多い。飛び込みのお客さんには申し訳無いけれど、辺りが暗くなりだす時間にウチの店にあるのは風邪薬か栄養ドリンクくらい。早くお前達も人気になるんだよ。

 何が言いたいかと申せば、サボりやすい時間だって事だ。

 通用口から戻って店内を窺うと、案の定ちっこい森鬼と話好きの若いエルドワが誰かと話している。全く、店員がお客様相手とは言えそんな大声でお喋りしてるんじゃないよ。反省のはの字も見えないな、あいつは。

 呆れた表情で様子を見守るアクアが、会計のテーブルからふと後ろを向く。つまり僕と識を見つける。一瞬大きく目を大きく見開き、それから口を手で押さえる。今回、止めなかったけどアクアはサボってもいない。まあノットギルティとしよう。

 手招きして彼女をこちらに呼ぶ。

「ただいま。随分と楽しそうだね」

「我々が不在の時はいつもこうなのか、アクア」

 識も普段より声が低い。勿論小声だから、では無い。

「お、おかえりなさいませ……」

「お客様は……ってジン達か。あいつらもまあ、暇人だな」

「弛んでいますなあ。少
時計 クオーツ
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments